忍者ブログ
ここは開かれし霊櫃別館管理人のブログです。 旅・食・株情報を中心にお送りいたします。
| Admin | Write | Comment |
カテゴリー
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
HN:
石動 沙雨
性別:
男性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

※本サイトはこちらに移転しました。
※当面は並行して運用しますが、その内消します。


久々掲載の扉絵は主人公。
久々すぎて何か表情に違和感がある気がするのですが、気のせいでしょうか。



まずは副将戦を終えてトップの姫松の控え室。
あまり稼げず謝罪するお絹ちゃんに、リードを守ったから胸を張れという末原先輩。
リードを守ったのに謝られるとこの後がキツいということでしょう。



そんな弱気の末原先輩。
実は弱気になればなるほど強くなる、とかですかね。



残念ながら控え室はこれだけで、試合会場へ移動。
と、ここで気になる角度が。

 

 

 

 

右側が末原先輩には見えないのですが、別のシーンですかね。
さて、そんな感じで大将戦開始。



姫松、127600。
清澄、99600。
永水女子、87100。
宮守女子、85700。

因みに、とあるサイズは霞さんがダントツです。
そんな霞さん、地味に読みの鋭さを発揮しています。

まずは咲ちゃんの配牌。



因みに、上のコマの霞さんのモノの存在感もすごいです。
それはさておき、末原先輩の鳴きが入り、咲ちゃん自摸牌が霞さんへ。



咲ちゃんが三索暗刻なのを読み、切らずに手牌で使い切ることを選択。



この表情からすると、咲ちゃんもこの牌が何だったかわかっていそうです。
何気ない所作ですが、さすが霞さんです。

さてそんな攻防はさておき、東一局は末原先輩が豊音姉さんから出アガり。



続く東二局、またしても末原先輩が自摸アガり。



さらに東三局、末原先輩が出アガり、出所不明。



逃げる末原先輩ですが、この二人はまだまだ余裕です。

続く東四局。
追われる立場だからか、親カブリがあるためか、
いつもほど嬉しい親番では無いという末原先輩。



流局の罰符も考慮してか、アガり切れなかった時を考慮してか
超速アガりは控えますが、攻めるのは止めずに立直へ。

しかしそこは咲ちゃん、末原先輩の二索を大明槓。
嶺上開花、自摸、ドラ2。



長野の決勝でもありましたが、全国のルールでも包の責任払いでしょうか。
そんな感じで、今週は終了。

典型的な速アガりで逃げ切ろうとする末原先輩ですが、
やはり豊音姉さんや霞さんがどう捕らえるかが気になります。
独断と偏見では、デカい手連続直撃で一旦平たくなるんじゃないかと。



そして残念ながら次号は休載。
次号載せて次々号から休載と思っていたのですが、外れました。



その他詳細はココの別館(※またはこちら)から。

この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[656] [655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646]

PR


Copyright c 徒然なるままに。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]