忍者ブログ
ここは開かれし霊櫃別館管理人のブログです。 旅・食・株情報を中心にお送りいたします。
| Admin | Write | Comment |
カテゴリー
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
プロフィール
HN:
石動 沙雨
性別:
男性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まずは日向と久々登場な気がする直井副会長による、音無君争奪戦。
この二人は音無君のやろうとする事に気付いているようです。



そんな時、唐突に直井君の影から何かが飛び出し、取り憑こうとしてきます。



どうやら銃撃は効く様で、撃退します。
遊佐もしっかりチェックしています。
それにしても、この影は存在自体が0と1で構成されているようです。
天使さんのスキルと構成が同じなので、多分ソフトウェアで作成されたものでしょう。



場面変わって対策会議中、天使さんがゆりに呼び出されます。
不安な三人は傍聴することに。



危ない場面は直井君がさり気無くフォロー。
でも何となく鬱陶しいです。

と、そこへ銃声が。
校庭でメンバーが影に襲われます。
奏は早速翼人に変身。ゆりっぺと音無君は飛び降ります。
男二人、見習いましょう。



校庭では他のNCPっぽいのが襲われていないので、やはり何者かの差し金でしょう。
メンバーが奮戦しますが、奏は別格。強すぎます。



ふとゆりっぺが目線を向けると、NCPが影になる瞬間を目撃します。



何とか撃退したと思いきや、藤巻君から悪報が。



高松君が影に飲み込まれた、とのことです。



しかし翌日、校内に高松君が現れます。



会話が合わない高松君。
魂が無くなり、NPCに成り下がったと結論付けるゆりっぺ。
皆を集めて説明します。



ついでに音無君の考えも暴露します。
ゆりっぺはどこまで気付いているんですかね。



音無説には流石に動揺するメンバー。
日向と菅井のフォローもあり、ゆりっぺから考えておくようにと指示が出て解散。

ついでにその後、打ち合わせ。
奏を影の迎撃に当たらせるよう指示が出ます。
それが適材適所だ、と。



ついでにゆりから、天使否定説が出ます。
三人ともまさか、と言う表情をしています。



本人が否定しているだけで実は、的な説も少しは期待したのですが、残念です。
スタッフロールも本名が分かってからも天使のままでしたから。
あっさり人間説で決着してしまいました。



でもゆりっぺはどこで気付いたのでしょうか。
人間と分かっていたなら戦わないでしょうし、ココ数話の内に気付いたのでしょうか。

そんな時音無君は、奏が生徒会長をやる模範生徒でありながら消えないのは、
心残りがあるからだと気づかされます。
一方、ゆりっぺは調べたいことがあるからと、単独行動をします。



日向は待っているといいます。
戦線はこの二人から始まったから、終わる時も一緒だ、と。



この辺りの馴れ初めは、コミックスに載っていました。
作中でももう少し補足して欲しいですね。

一方、今後の選択を迫られたメンバーたち。
それぞれ思い思いの過ごし方をしています。



最後はゆりっぺが読み通り怪しい所を見つけます。
そしてラスダンはまたもやギルド。



その先に待ち構えているのは誰なのでしょうか。
今週姿の見えなかった松下五段でしょうか。
彼なら風格的にラスボスっぽいですが、色々無理がありますかね。



平行稼動検証環境はこちらから。

その他詳細はこちら(※またはこちら)からどうぞ。
 

この記事にコメントする
+Name+
+Title+
+Mail+
+URL+
+Comment+
+Pass+
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
Angel Beats!第11話「Change the World」感想
奏と協力し、戦線メンバーを1人1人成仏させていく事を決めた音無。 まずはユイの未練を解消させ成仏させたもののまだ戦線メンバーはいる訳...
URL 2010/06/14[Mon]11:08:40
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[170] [169] [168] [167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160]

PR


Copyright c 徒然なるままに。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]