忍者ブログ
ここは開かれし霊櫃別館管理人のブログです。 旅・食・株情報を中心にお送りいたします。
| Admin | Write | Comment |
カテゴリー
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
石動 沙雨
性別:
男性
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

西回りの旅の途中で岡山に立ち寄ったときに寄ってみました。
有名なカツの店らしいです。
どうやらドミグラスソースカツ丼というらしいので、確かめてきました。

岡山駅の東口から、大通り(南側)に沿って東へ10分程度歩いたところにあります。

饅頭屋さんの角で
NEC_0246.JPG








右に曲がって
NEC_0247.JPG








数歩進むとあります。因みに右は営業時間。
NEC_0245.JPGNEC_0244.JPG








多少お昼の時間からはずれていたのですが、8割ほど席が埋まっていてびっくりしました。

注文は、「孫膳」にしました。
通常のカツ丼とドミグラスソースカツ丼がそれぞれハーフサイズで提供されます。

右がドミグラスソース、左が卵とじです。
NEC_0243.JPG








ドミグラスは甘すぎず辛すぎず、意外とすんなり食べられました。
肉自体も柔らかく、いいと思います。

img025.JPG




















しかしながら、どうしても割高感は拭えないと思います。
もし自分が地元民だとしても、リピータにはならないかと。

ただ、旅行ついでに寄って見る分にはいいと思います。
決して「ハズレ」ではないので。

採点厳しいかなぁ…。






月読に行ってきました。

NEC_0176.JPG








店内はカウンターと座席、奥に個室が一室ありましたが、多少狭かったです。
そして携帯での撮影が「できればやめてほしい」と中途なことを言われました。
NGなら書いておけばいいし、はっきり言えばいいと思うのですが…まぁ今回は同行者がアレなので大人しく従いましたけど。
※因みに後で知ったのですが、HPには書いて有るようです。

というわけでレシート。










































店内や従業員ならともかく、注文品の撮影禁止の意味が分かりません。
気分が悪いので二度と行かないと思います。

和田アキコがオーナーを勤めるというわだ家さんにお邪魔してきました。


わらじコロッケ
NEC_0163.JPG








黒豆のコロッケ、キングサイズです。
オススメだそうです。


メニューの最後のお礼
NEC_0161.JPG








店舗詳細は左メニュー→別館からどうぞ。





名神高速の下り、多賀SAのレストランです。
高速のレストランは高くてまずいというのが個人的な経験でしたが、ここのひつまぶしがおいしいという話を聞き、寄ってみました。

NEC_0147.JPGNEC_0148.JPG








価格は¥1480と多少高めですが、意外や意外、焼き加減も絶妙、タレも効いていて食感も丁度良かったです。
ひつまぶしの食べ方も付いてきており、初めての方でも食べ方に困ることは無いと思います。

因みに、現在多賀SAは上りと下りが陸橋で繋がっており、徒歩で往復が可能です。
上りで立ち寄ったときは、少し歩いて寄ってみてはいかがでしょうか?

 

久々に行きました、オーションビューです。
大阪市営地下鉄中央線の大阪港駅から数分のところにある洋食屋さんで、オムライスがオススメです。

通常のオムライスが¥700、大盛が¥50アップです。
が、¥100アップで「マクラ」というものが頼めます。
皆さんご存知のようですが、メニュー一覧には無いので裏メニュー扱いなのでしょうか?

NEC_0146.JPG







↑右が普通のオムライス、左がマクラです。

さて、味の方ですが、中のライスのほどけが以前より悪かった気がします。
経営者が変わったという噂を聞いたのですが、そのせいでしょうか?
もしくはたまたま作った方が違ったのでしょうか?

また今度確認しに行ってみたいと思います。
この日は不合格ですね。評価に値しません。

因みに、胃に余裕があるなら、スープやサラダも頼んでみてはいかがでしょうか。
数人で行くときには分けるのもありかと思います。

因みに隣は喫茶店なのですが、入ったことが無いですね。
気が向けば行ってみたいと思います。
 

玉造温泉へ行く時、出雲城観光中に寄りました。

NEC_0020.JPG








観光地という事で、可も無く不可もなくというところです。



│HOME│  Next ≫

[1] [2]

PR


Copyright c 徒然なるままに。。All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material By Mako's / Template by カキゴオリ☆
忍者ブログ [PR]